みんカラ

瞳の濃さには注意

みんカラ

もともと濃い茶色の瞳の人がブラックやダークブラウンのカラコンを入れると、瞳が限りなく真っ黒になります。

 

真っ黒な瞳というのは言葉で聞くと可愛らしいイメージがあるかもしれませんが、ペッタリとして動きがなく、イキイキとした瞳から遠ざかります。

 

本来瞳というのはキラキラと輝いているものなのですが、それがなくなり、人間っぽさが感じられなくなることから「宇宙人」っぽくなってしまうのです。

 

一方で発色を抑えたグレーのカラコンは、自然に瞳を輝かせてくれるので、澄んだ瞳を作り出してくれますよ。

 

次に日本人に多いのが、瞳の周りの黒フチがぼんやりと見えるタイプでしょう。

 

先の瞳の色味が濃い茶色の人に比べて、中の瞳がやや明るいため、その分黒フチが区別されて分かる人です。黒フチはあるものの、何となくぼやけて見えてしまっているはずです。

 

このような瞳を持つタイプの人におすすめなのは、ブラックやダークブラウンのフチのあるカラコンです。

 

本来は持っている黒フチがぼやけて見えてしまっているので、そこのフチありのカラコンでカバーすることで美しく見せるのです。

 

ちなみにフチありのカラコンはともすると不自然になりがちなので、ドットのあるカラコンが特におすすめです。ドットのあるカラコンの場合、自然と瞳となじむため違和感が出にくいからです。

 

ドットの間隔が広く、外側に向けてドットの間隔が広がっているようなカラコンなら、間から自分の瞳が透けてよりなじみやすくなります。