みんカラ

もっとも危険なUV-C

みんカラ

つまりあらゆる太陽光の中でもUV-Cはもっとも私達にとって危険な光であると言えます。しかし現時点ではUV-Cはオゾン層によって防御されており、地上にまで到達していません。

 

次に危険なのがUV-Bですが、これは主に表皮を赤くさせて火傷を引き起こします。

 

表皮のDNAを破壊して、表皮に炎症や火傷といった皮膚トラブル、またはメラニン色素を増加させて日焼けによるシミ・そばかすを引き起こします。

 

そして日焼けだけでなく、皮膚がんや白内障にも影響しています。UV-Bが細胞の遺伝子を破壊し、破壊された遺伝子が修復過程に於いて突然変異となってしまうものが皮膚ガンの原因となっているのです。

 

このUV-Bが目の奥にまで到達し、日焼けの原因となってしまうのですね。

 

ちなみにUV-Bほどの破壊力はないものの、この次に強力な力を持つUV-Aはお肌の表面を貫いて真皮にまで到達します。

 

強力度こそ低いものの、じわじわとお肌の奥深くにまで浸透して、真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊して、お肌にしわやたるみといった老化の原因を引き起こすのです。

 

紫外線がいかに私達のからだに影響を及ぼすか、分かっていただけたでしょうか?

 

太陽の光を適度に浴びることは身体的にも精神的にも良い作用をもたらしますが、あくまで「適度に」です。

 

お肌はクリームやファンデで守っていますと安心している人でも、つい忘れてしまいがちな目からの紫外線吸収。お肌の老化だけでなく白内障の原因にもなってしまいますから、可愛くなるついでにカラコンでちゃんと防止してあげましょう。