みんカラ

紫外線の何がいけないのか?

濃い色のサングラスを使用すると視界が暗くなるために、目はより多くの光を取り込もうと瞳孔を広げてしまうのです。

 

こうすることで目からより多くの紫外線が取り込まれてしまいます。そして紫外線からからだを守るために、脳はからだにメラニン色素を活性化させるよう指示を出すのです。

 

紫外線を浴びると黒目の部分である角膜表面にキズが付き、目の痛みや充血、涙を引き起こす原因となります。

 

このような症状がおきることを「紫外線角膜炎」といい、紫外線量の多い季節だけでなく、紫外線を多く浴びてしまう場所(雪や砂浜、水面、アスファルトのように反射するところ)でも起きてしまうため注意が必要となります。

 

みんカラ

紫外線を浴びると、目は紫外線角膜炎だけでなく、何と白内障を患ってしまうこともあります。紫外線の多くは角膜で吸収されますが、紫外線の波長によって目の角膜の奥にある水晶体や網膜にまで達してしまうことも。

 

目の奥にまで達した紫外線は水晶体をにごらせ、白内障を引き起こします。

 

ここで簡単に紫外線の波長について説明しましょう。

 

太陽からの光は、波長(ナノメートル)が長いものから順に赤外線、可視光線、紫外線、の3種類に分けられます。

 

紫外線は太陽光の中で波長が短く、最もエネルギーが高い光です。

 

そして紫外線はさらに3種類に分類され、これもまた波長が長いものから順にUV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。波長は短ければ短い程、私達の肌に与える影響が強くなります。