みんカラ

日焼け止めとしてのカラコン

カラコンをつける理由の大半は「目を大きく見せて可愛く見られたい」というものかと思います。ですが最近、この可愛く見せる以外の意外な理由でカラコンを付ける女性が増えているのをご存知でしょうか?

 

それの意外な理由とは「日焼け止め」です。

 

欧米の女性のように日焼けがかっこいい、ステイタスという考えもある一方で、日本の女性の多くは「肌が白い=美人、可愛い、キレイ」と思っていることが少なくないでしょう。

 

日焼けしたテコラッタ色の肌も魅力的ですが、少なくとも紫外線に肌をさらすことが、肌の老化を早めることは確かです。ですからお肌を紫外線から守ろうと日焼け止めや紫外線カットの化粧品を使っている女性は多いでしょう。

 

みんカラ

化粧をバッチリしているから日焼けの心配ゼロと思っていますか?実はお肌を守るだけでは、日焼けを完全には防止できないということをご存知でしょうか?

 

日焼け止めクリームや化粧品、帽子やサングラス、服などをきちんと付けてお肌を紫外線からプロテクトしているつもりでも、目が紫外線を取り込んでしまっているのです。

 

目から入ってくる紫外線によってメラニンは生成されてしまい、お肌にシミを作ってしまいます。残念ながらUVカット効果のあるサングラスも万能ではありません。

 

サングラスのUVカット効果は真正面からの紫外線には有効ですが、上下左右からの紫外線は実は目に届いてしまっているのです。また濃い色のサングラスを使用している場合はより注意が必要です。